ウレタン吹付断熱

機密性・断熱性に優れた硬質ウレタン吹付断熱工法

現場で吹き付ける断熱材には、「硬質ウレタン」が使われております。 無数の細かい気泡で構成された硬質ウレタンフォームの特性を大いに発揮し、グラスウール10kの約1.5倍の断熱効果を保持しています。
また、透湿性も低く断熱材内部に湿気を通しにくいため、壁体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます。この「硬質ウレタン」は、高い断熱性能があり、住宅の内側から直接吹き付けるため、気密に関する施工も同時に行うことが出来ます。一度の施工で、気密・断熱効果、室内の空気質の向上が期待できます。そして、外気温をシャットアウトし結露の発生を抑えます。外の騒音や室内の音も軽減するなど、小さいお子さんがいる家庭や、良いお家を長く使いたいという方にオススメです!!

施工例

写真01 写真02
写真03 写真04

このように、隙間なくウレタンを吹き付けることで、外気の熱をシャットダウン!中の熱は逃がさず、断熱効果が期待できます。